【衝撃】女芸人Xとは誰なのかを調査!候補に挙げられた面子がヤバい!

沢尻エリカ被告の逮捕・起訴から数日が過ぎて、意外な人物が沢尻さんと同じようなことをやっている可能性があることが分かりました。

 

今回はその候補者とはだれなのかをネットの憶測をもとに、調査してみました!

「女芸人X」に薬物疑惑

次に逮捕される可能性のある女芸人Xの特徴についてスポーツ紙記者がこう語っています。

「今では大物の風格が漂っているコンビの女芸人のXです。彼女は女芸人の中でも浮いた立場にいて、女優や、その周りの怪しい人物と深夜に曰くつきのクラブなどで遊んでいる姿の目撃情報が多数寄せられています。

それだけならいいのですが、彼女自身も違法ブツの影響なのか、繁華街で醜態をさらしてフラフラ歩く姿などもしょっちゅう目撃されていて、職質を受けている姿も某写真誌に撮られていますが、表沙汰になっていません」(スポーツ紙記者)

 

「昔は、健全な遊びをする集まりだったと聞いていますが、そこにブツの噂がある大物歌手の息子が参加するようになった頃からこの飲み会のの雰囲気が一変したらしいです。お馴染みの顔ぶれが揃うことが少なくなり、ある女優などは“Xは人が変わっちゃった”などとテレビ関係者に言いまわっている程、関係性が悪くなったと聞いています」(前出スポーツ紙記者)

 

「ブツで有名な島に行った際の最終日、Xはロケ隊から離れ自由時間を作り、日本でわざわざ手配した現地のコーディネーターと共に、数時間所在が不明になって大騒ぎになったことがありました」

「島のイベントから帰った時にはかなり疲れ果てていたと聞いています。それがブツなのか現地で踊りまくって疲れたのかは分かりませんが、目の焦点が定まらず、普段とは違う姿だったとか。その頃からXのブツ疑惑が噂されるようになりましたが、プライベートでもそこを訪れているという話もあります」(前出スポーツ紙記者)楽天ニュース

 

スポーツ紙記者はこの様に報じていますが、果たしてこれは本当なのかも気になるところですね。

 

ネットではこの方が誰なのか憶測する方が居ました。

 

実際にこの条件に当てはまる、女芸人の方は沢山居るかと思いきや、結構絞られていました。

 

意外と女芸人のコンビは少なかったのです。

 

なので、ネットユーザーもこの方が誰なのかを絞るのは容易だったのかもしれません。

 

「女芸人X」とは誰?

「女芸人X」とは誰なのか気になる方も多くいらっしゃると思いますが、上のスポーツ紙記者が挙げた特徴にある方を調べてみると、このような方々が後方に挙がりました。

 

まず大物コンビの女芸人の方を挙げてみるとコチラ。

ハリセンボン

オアシズ

阿佐ヶ谷姉妹

尼崎インター

北陽

オセロ

 

その中でも女優とプライベートでも交流がある方で有名なのはハリセンボンの近藤春奈さんですね。

 

実際に近藤春奈さんは女優や歌手などと、交流があるようですね。

 

他にも女優や歌手と繋がりのかる女芸人の方も居ましたので、一概には言えませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今年、芸能界では沢尻さんのようにならないためにも芸能人の意識が変わったと思います。

 

なので、今芸能界でそのようなものを使っている人は少ないんじゃないでしょうか。

 

芸能人一人ひとりが意識を変えていって、汚染が少なくなっていくことを願います。

 

芸能界は華やかな世界でもありますが、芸能人は精神的な病を患っている方も居るようです。

 

そんな精神的な病を治療するために、医師から処方された薬物を摂取している方もいるようですが、沢尻さんのように国が認めていないものを使ってしまうのはよくないことだと思います。

 

しかも、芸能界はそのようなものが簡単に手に入ってしまうのが現状です。

 

そんな環境に居たら、魔が差してやってしまう方は沢山居るはずです。

 

そんな、精神的に何か普段とは違う刺激を求めてしまうのは分かりますが、国が認めていないのだから、やらないのが一番です。

 

やりたいなら、そういったものが認められている国に行けば良いのです。

 

今回の沢尻さんの事件で様々な疑われてしまう方が出てきてしまうのが、今の芸能界の現状です。

 

我々一般の視聴者が思う芸能界と、本当の芸能界の現状は違っているのかもしれません。

 

ファンや視聴者を裏切るような行為なので、今後はそんなことを無くしていって欲しいですね。

 

今回はここまでとなります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました