間瀬翔太が病気(難病)で顔面崩壊!現在や暴走族時代の画像は?

芸能・有名人

俳優であり、元「BLIZZARD(ブリザド)」のメインボーカルの間瀬翔太さんが「脳動静脈奇形」に侵されていることが分かりました。

 

今回は、そんな間瀬さんの病気についてや暴走族時代の情報なども紹介します。

 

10万人に1人の「脳動静脈奇形」に侵される

間瀬さんは10万人に1人とまでいわれている、「脳動静脈奇形」に侵されていました。

 

この病気は痛みも伴い、そして、見た目まで変化してしまう病気です。

 

間瀬さんの病状について、ザ・テレビジョンは次のように報じています。

始まりは、6月に起きた風邪のような頭痛。その際は、病院で処方された風邪薬を飲んで回復を試みたものの、一カ月経っても頭痛が治まることはなかったという。

そして、7月半ば、新曲のレコーディングの最中、突如、後頭部が壁にぶつかるような、これまでに感じたことのない激しい頭痛が間瀬を襲った。

 

さらに、記憶障害までも引き起こし始め、自身の体の異変に恐怖を感じた間瀬はマネージャーと共に病院へ向かった。そして、検査を受けた結果、「脳動静脈奇形」だと判明した。

「脳動静脈奇形」は、脳の中で動脈と静脈が直接つながり、とぐろを巻いたような塊になる先天性の血管奇形で、正常な血管に比べて破れやすく、脳出血やくも膜下出血などを引き起こす可能性が高い難病だ。

間瀬は、この病気を理由に仕事をすべてキャンセル。芸能界でこれからという時期に入院を余儀なくされた。

 

手術を受けても言語障害や半身不随になるリスクがある中、運命を託し手術に挑んだ間瀬。7時間にも及んだ手術は成功したが、目元は大きく腫れ、頭には複数の縫い目が…。

その後、間瀬は絶望で毎日死ぬことばかり考えていたという。そんな間瀬が手術から4カ月経ったある日、番組の取材に応じてくれることになった。

 

コチラの動画では間瀬さんの肉声を聞くことができます。

現在の間瀬さんの状況は?

間瀬さんの現在も腫れた状態なのかと思っている方もいるでしょうが、現在はもうすでに、顔の腫れは治っており、元の顔に戻っています。

 

 

「脳動静脈奇形」は一時的に顔の腫れが起こることがあるようです。

 

ネットの反応

 

 

暴走族時代の画像は?

彼は実は昔、暴走族に所属していた過去があるようでブログでも暴走族時代のエピソードを挙げているそうで、ファンの方の間では有名だそうです。

 

実際に今回の病気でリハビリ中に間瀬さんの元を元暴走族で有名な宇梶さんがサプライズで訪れていたそうです。

 

実際にザ・テレビジョンはそのことを、このように報じています。

さらに、今回、懸命にリハビリに励んでいるという間瀬の元を宇梶剛士がサプライズで訪れる。宇梶といえば元・暴走族の総長として知られているが、実はなんと間瀬も元・暴走族だった。

そんな間瀬にとって憧れの存在だという宇梶に番組から、悩む間瀬の相談に乗って欲しいとオファー。憧れの宇梶とドッキリ初対面となる間瀬の反応、明かされてこなかった知られざる思いは必見だ。

 

宇梶さんは元暴走族でありながら更生して芸能界で活躍しているので、間瀬さんもそのように活躍するのが夢なんでしょうか。

 

間瀬さんの暴走族時代の写真については今の所、公開されていません。

 

しかし、これから彼のSNSやブログにて公開される可能性もあります。

 

彼女や結婚の情報は?

間瀬さんに現在彼女や結婚の情報はありません。

 

 

持病を持っているため、理解してくれる方も少ないんでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

間瀬さんのこれからの活動にも注目ですね!

 

今回はここまでとなります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました