【画像あり】木浪聖也が結婚!相手の顔画像は?馴れ初めや妊娠は?

芸能・有名人

阪神木浪聖也内野手(25)が結婚していたことが18日、分かりました。

 

今回はお相手の女性、優香さんの顔画像の情報や馴れ初めなども紹介します。

実は今年10月末に婚姻届を提出していた

実は木浪さんは今年の10月末に婚姻届を提出していたそうで、交際期間4年の女性と結婚していたと日刊スポーツは報じています。

 

阪神木浪聖也内野手(25)が結婚していたことが18日、分かった。相手は東京都出身の優香さん(23)で、交際期間4年を経てゴールイン。シーズン終了後の10月末に婚姻届を提出した。2年目の来季は「全試合出場」を目標に掲げ、遊撃のレギュラー奪取に挑戦。愛妻のためにも、さらなる飛躍を目指す。

木浪が飛躍の2年目へ強力なパートナーを得た。優香さんと4年の交際期間を経て、ゴールイン。シーズンオフの10月末に婚姻届を提出し、守るべき家族が増えた。「一緒にいて、本当に落ち着く。苦しいときも良いときも、全部わかってくれるから」。その思いを指輪に込めて、手渡した。

優香さんとは、亜大4年の春に出会った。食事をともにし、デートを重ね、交際に発展。プロ野球選手を目指す木浪を、献身的にサポートした。「つらいときでも常にポジティブだから。『聖也なら大丈夫』って、ずっと励ましてくれた。(一緒に)いなきゃいけない存在だと思った」。18年ドラフト3位で阪神から指名を受け、夢がかなった。その裏には、2歳下の優香さんの存在があった。

阪神入団後は大阪と東京の遠距離恋愛になった。1年目ながらオープン戦で12球団最多の22安打をマークし、「1番遊撃」で開幕スタメンの座をゲット。しかしまさかの出来事が待っていた。開幕から17打席無安打-。「ここまで打てなくなるのか…って、正直悩んだ」。優香さんから電話で励まされた夜、大切な存在に改めて気がついた。その後、2軍降格も経験したが、夏場から結果を残した。首都圏への遠征を励みに、シーズンを乗り切った。

相手の優香さんの顔画像

日刊スポーツはこのように、報じています。

相手は東京都出身の優香さん(23)

 

この情報しかないので、おそらく相手は一般人女性の方と思われます。

 

女優の優香さんではなく、一般人女性の名前が公開されているだけだと思います。

 

しかし、日刊スポーツではお相手の優香さんの似顔絵は公開しています。

 

 

この似顔絵がどれくらい似ているのかは分かりませんが、とても綺麗な方ですね。

 

今後、テレビなどで実際の顔が公開される可能性はあるかもしれないので、その時は追記します。

 

馴れ初め

馴れ初めに関しては、日刊スポーツで報じられていました。

 

優香さんとは、亜大4年の春に出会った。食事をともにし、デートを重ね、交際に発展。プロ野球選手を目指す木浪を、献身的にサポートした。

「つらいときでも常にポジティブだから。『聖也なら大丈夫』って、ずっと励ましてくれた。(一緒に)いなきゃいけない存在だと思った」

 

出合いは亜大4年の時だそうです。

 

亜大とは、おそらく亜細亜大学のことだと思います。

亜細亜大学(あじあだいがく、英語: Asia University)は、東京都武蔵野市境5丁目8番に本部を置く日本の私立大学である。1955年に設置された。大学の略称は亜大(あだい)、亜細亜(あじあ)。

引用:Wikipedia

 

交際期間4年ということなので、木浪さんが、21歳でお相手の優香さんが19歳の時から付き合っていることになりますね。

 

若いのに4年も付き合って結婚までいくということは、相当気が合ったんでしょうか。

 

プロ野球選手を目指す、木浪さんを献身的にサポートしていたとあるので、そういったところに木浪さんは惹かれたんじゃないでしょうか。

妊娠や子供の情報

妊娠や子供の情報は一切ありませんでした。

 

木浪さんは25歳とお若いし、相手の優香さんも23歳なので、子供を授かるのはいつ頃になるか分かりません。

 

お相手は一般人の方なので、妊娠しているかどうかの写真も確認できないので、こちらも報道されない限り、分からないと思います。

 

木浪聖也選手のプロフィール

木浪聖也(きなみせいや)

出身地:青森県青森市

生年月日:1994年6月15日(25歳)

身長・体重 :178 cm・80 kg

出身校:青森山田高等学校

年俸 2,200万円

引用:Wikipedia

 

ネットの反応

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

木浪さんは、そのルックスでも人気を集めていましたので、今回の結婚は女性の方にとってはよくないお知らせだったかもしれません。

 

結婚後の木浪さんの活躍にも注目ですね!

 

今回はここまでとなります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました