イアン・キンズラーが現役引退!原因(理由)や今後の活動や現在も紹介!

芸能・有名人

今季パドレスでプレーしたイアン・キンズラー内野手(37)が現役引退することが20日(日本時間21日)、球団から発表されました。

 

 

今回は、イアン・キンズラーが引退すりこととなった理由や今後の活動も紹介します。

20日、引退を球団が発表

キンズラーの引退について、日刊スポーツはこのこの様に発表しています。

今季パドレスでプレーしたイアン・キンズラー内野手(37)が現役引退することが20日(日本時間21日)、球団から発表された。今後はパドレスで編成部門のアドバイザーを務める。

キンズラーは06年にレンジャーズでメジャーデビュー。通算1888試合に出場し1999安打、257本塁打、909打点、243盗塁をマーク。球宴に4度出場、二塁手としてゴールドグラブ賞を2度獲得した。18年は大谷翔平投手の所属するエンゼルスでもプレー。大谷が4月3日にメジャー初本塁打を放った際には、「サイレント・トリートメント」の仕掛け人の1人としてその場を盛り上げた。同年、シーズン途中にレッドソックスに移籍しワールドシリーズ制覇にも貢献した。

今季は87試合に出場。打率2割1分7厘、9本塁打、22打点だった。

 

引退の原因は?

キンズラーの引退の原因については、theathleticはこの様に発表しています。

 

頸椎椎間板ヘルニア

引用:theathletic.com

※こちらのサイトは海外のサイトなので、グーグルの和訳機能を使ってください。

 

頸椎椎間板ヘルニアが、キンズラーが引退することとなった決め手だそうです。

 

<頸椎椎間板ヘルニアとは>

首の骨(頚椎)は7つの骨で構成されており、骨と骨の間には椎間板と呼ばれる軟骨が存在しています。頚椎椎間板けいついついかんばんヘルニアとは、椎間板の一部が正しい位置からずれて、飛び出てしまう病気です。20~30代の若い世代によくみられますが、正確な頻度はわかっていません。

頚椎椎間板ヘルニアでは、飛び出た椎間板が近くにある神経を圧迫することがあり、首の後ろや肩、腕に痛みやしびれなどが現れます。重症例では、手足の麻痺を起こすこともあります。一般的に、軽症の場合には痛み止めやネックカラーなどを用いた保存的治療が行われ、重症度が高い場合には手術が検討されます。

引用:メディカルノート

 

キンズラーさんの詳しい病状は分かりませんが、このように、神経が圧迫されるので、首の後ろや肩、腕に痺れが出て、手足のマヒもあります。

 

これは、野球をする方にとっては重症ですね。

 

頚椎椎間板ヘルニアは、悪い姿勢やスポーツなどを原因として発症すると考えられているそうです。

 

野球選手は長期に渡り、身体を酷使するので、このような頚椎椎間板ヘルニアになることもあるそうです。

今後の活動は?

日刊スポーツでは、今後はパドレス編成部門のアドバイザーを務めると報じられています。

 

サンディエゴ・パドレス(英語: San Diego Padres、略称:SD)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はカリフォルニア州サンディエゴにあるペトコ・パーク。

引用:Wikipedia

 

編成部門といってもどういった仕事をするのか気になる方もいるでしょうが、編成部の仕事については、選手のスカウトの決定(スカウト、スカウト部長と共に)及び海外視察監督・コーチ・スタッフの人事(球団本部長と共に)、年俸の査定(査定係と共に)、オーナーへの報告など、球団の運営の中枢となる仕事をしたりするそうです。

 

この、編成部のアドバイザーとなります。

 

今後は表立って活動することは無くなるかもしれませんね。

 

イアン・キンズラーのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

【MLB】大谷翔平の新人王に元同僚キンズラーが太鼓判 「間違いなくショウヘイ」 2018-10-24 18:50「Full-Count」編集部 7月31日にエンゼルスからレッドソックスにトレード移籍 レッドソックス二塁手のイアン・キンズラー内野手が、エンゼルス大谷翔平投手を新人王に猛プッシュした。今季開幕をエンゼルスで迎えたキンズラーは、7月31日にレッドソックスにトレード移籍。キャンプインから約5か月をともに過ごした元チームメイトについて「彼は素晴らしい活躍を見せた」と称えた。 スプリングトレーニングで初めて大谷のフリー打撃を見た後、「あの生まれ持ったパワーは、自分が知る中でも3本の指に入る。ジョシュ(・ハミルトン)に匹敵するパワーだ」と、2010年MVPに輝いた天才打者を引き合いに出していたキンズラー。その後、大谷が先発投手としてマウンドで投げる姿、そして打者としてヒットを重ねる姿を見て、「投打であそこまで勝利に貢献できるなんて、想像を超えていた」と驚きの声を上げる。 もし自分が新人王投票権を持っていたら、誰に投票するかと問われると、間髪入れることなく「ショウヘイ・オオタニ」と言い切った。大谷は6月上旬に右肘靱帯を損傷して戦線離脱を余儀なくされたが、それでも「投手としてマウンドに上がった時は圧倒していたし、打者としても特に終盤は驚異的な活躍だった。他人と違ったことを成し遂げたんだ。自分は間違いなくショウヘイに投票するね」と太鼓判を押した。 トレード移籍以来、大谷と直接話す機会はないが、その活躍の様子は気になり、常にチェックしていたという。エンゼルスで過ごした日々も充実していたが、今、レッドソックスの一員としてワールドシリーズに出場できることに「文句のつけようがない。世界一こそ誰もが目指す最高の栄誉だからね」と笑顔を見せる。 レンジャーズ時代の2010年と2011年に2年連続でワールドシリーズ進出を果たした。だが、ジャイアンツとカージナルスに敗れ、世界一に手が届かず。「短期決戦では何が起こるかわからない。あの時味わった悔しさを今度こそ晴らして、頂点に立ちたいんだ」と大きく意気込む。 第1戦は「7番・二塁」でスタメン出場。36歳ベテラン二塁手の頂点を目指す戦いが幕を開ける。 (Full-Count編集部) #大谷翔平 #キンズラー #イアンキンズラー #エンゼルス #レッドソックス #新人王 #太鼓判 #shoheiohtani #ohtani #ShoTime #angels #mlb #ROY #OhtaniROY

🌟🌟🌟🌟🌟🇺🇸⚾SHO-TIME 1⃣7⃣🌟🌟🌟🌟🌟(@nyangelos17)がシェアした投稿 –

イアン・マイケル・キンズラー

国籍:アメリカ合衆国
出身地:アリゾナ州ツーソン
生年月日:1982年6月22日(37歳)
身長:182.9 cm
体重:90.7 kg
投球・打:右投右打
ポジション:二塁手
プロ入り:2003年 MLBドラフト17巡目
初出場:2006年4月3日
年俸:$11,000,000(2018年)

引用:Wikipedia

 

キンズラー引退に対するネットの反応

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

キンズラーはメジャーリーガーとして、素晴らしい功績を残した選手であり、今後の活動にも注目ですね!

 

今回はここまでとなります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました