【大炎上】なでしこ寿司が不衛生と評価ガタ落ち!しかも店長が逆切れしてしまう!

今、何かと世間を騒がせている『なでしこ寿司』の店長さんの千津井由貴さん。

 

事の発端はなでしこ寿司がYouTubeでドキュメンタリーで紹介されたときに彼女(店長)の着物の袖がまな板に触れていたことです。

 

実際の動画(袖がまな板に乗ってしまっているシーンから再生されます。)

 

今回は彼女が炎上した理由についてまとめてみました!

 

千津井由貴さん(店長)のプロフィール

 

名前:千津井由貴

生年月日:1986年10月28日産まれ

出身:東京都目黒区

血液型:AB型

 

不衛生を指摘され店長がTwitterで逆切れ!

 

冒頭に挙げた動画の不衛生さをTwitterで指摘されて店長は逆切れしたようにリプを返していました。

 

 

そしてさらにそれにボロボロと不衛生を指摘する証拠が出てきて店長を追い込んでしまう羽目に。

 

 

さらに従業員?が絆創膏を付けて寿司を握っていた・・・

 

 

確かに絆創膏を付けた方が握った寿司は食べたくないですよね。

 

絆創膏を付けていた方はその寿司を自分で食べるとしたらどんな気持ちになるんでしょうか。

 

多分何とも思わないのか、客の気持ちなんて考えていないのかのどちらかですよね。

 

絆創膏を付けて寿司を握っていた方は何とも思ってなかったとしても、客としては「客に出すものは適当なのか」と思う方もいらっしゃると思います。

 

やはりその辺は寿司屋の方は徹底してもらいたいものです。

 

ネットの反応

 

前職が板前の方が絆創膏の件を指摘。

 

あまり関心のなかった方も袖が乗っていることに関して引いてしまう。

 

寿司のクオリティーにびっくりする方も。

 

食品の画像盗用、産地偽造、画像盗用しているのにもかかわらず著作権主張をしていた。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回の炎上は完全に「なでしこ寿司」さん側に問題があった印象があります。

 

こればかりは誰もなでしこ寿司を援護することはできないし、これからの営業も危ういと思います。

 

でもこれからなでしこ寿司さんが失敗を糧に成長していく方針ならこれまでの失敗を改善して営業してもらいたいですね!

 

今回はここまでとなります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました