【国民祭典】嵐の『Journey to Harmony』の歌詞を紹介!作詞は岡田惠和さん!

国民祭典では天皇陛下の御即位を祝い、奉祝曲「Ray of Water」が披露されました。

 

その中で第三楽章は嵐が担当していて「Journey to Harmony」という曲を歌いました。

 

今回はその素晴らしい「Journey to Harmony」の歌詞を紹介します!

 

「Journey to Harmony」歌詞

 

この曲の歌詞はシンプルなようでも心に刺さる歌詞です。

 

まるで地球を俯瞰で見ている神様が人間に囁きかけているような歌詞です。

 

 

それでは歌詞をどうぞ!

 

「Journey to Harmony」

君が 笑えば 世界は 輝く
誰かの 幸せが 今を 照らす
僕らの よろこびよ 君に 届け

はじめはどこかの 岩かげにしたたり 落ちたひとしずくの 水が平野流れ
やがて研ぎ澄まされ 君をうるおし 鳥たちをはぐぐみ 花たちとたわむれ
あの大河だって はじめはひとしずく 僕らの幸せも 大河にすればいい

ごらんよ 僕らは 君の そばにいる

君が 笑えば 世界は 輝く
誰かの 幸せが 今を 照らす
僕らの よろこびよ 君に 届け

星明りにじんで ふと立ち止まったら 雨の匂いのなかに 虹のうたを聴こう
かすかなそのうた まるでひとしずく 静かにつながって 確かにつながって
青い空の下 夢など語りあう 愛とか語りあう それが僕の願い

ごらんよ 光は 君と ともにいる

君が 笑えば 世界は 輝く
誰かの 幸せが 時代を 照らす
僕らの よろこびよ 君に 届け

君が 笑えば 世界は 輝く
誰かの 幸せが 今を 照らす
僕らの よろこびよ 君に 届け

大丈夫 鳥は 歌っている  大丈夫 空は 輝いてる
大丈夫 水は 流れている  大丈夫 海は 光っている
大丈夫 君と 笑ってゆく  大丈夫 君と 歩いてゆこう

(作詞:岡田惠和)

引用:Yahoo!ニュース

 

作詞は岡田惠和さん

岡田惠和さんの顔写真

 

岡田惠和さんとは脚本家の方で連続ドラマを中心に、映画、舞台などの脚本を手がけています。

 

脚本家の方が作詞しているのでここまで味のある歌詞なんでしょうね。

 

岡田さんの作品はどれも泣けるような作品が多く、それがこの曲の歌詞にモロ出ていますよね。

 

ちなみにこんな詩を書く岡田さんですが、バリバリの洋楽ロックが好きだそうです(笑)

 

この曲に対してネットの反応

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

この曲はネットでは国家にするべきなどと言われていました。確かに国家でもおかしくないくらいの良い曲です。

 

岡田惠和さんは作詞をしても人を泣かせに来ますね。

 

今回はここまでとなります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました