アンサングシンデレラ6話のネタバレと感想!小川が腸炎に?

ドラマ

この記事では、「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」6話のネタバレと感想を紹介します。

 

『アンサング・シンデレラ』6話のネタバレあらすじ

葵たちは服薬指導教室でお年寄りたちと交流して薬のことをいろいろと指導して関係を深めていきます。

その教室の帰りに小川早苗というおばあちゃんが玄関先で倒れてしまいすぐに救急車で運ばれます。

小川の容態は熱があり頭痛や下痢などの症状もあったので単なる風邪ではないということが判明します。

そこで葵は小川に薬の服用はありませんかということを尋ねると少し含んだ感じて何も飲んでいないと言われてしまい少し不審に思うのでした。

調剤部では刈谷から相原は服薬指導を任されてしまいます。

慣れない仕事に戸惑いながら相原は服薬指導室に向かいそこで遠野という患者と出会います。

遠野は生理痛がひどいことを訴えて薬の処方を受けます。

ピルを処方された遠野は会社では飲みにくいという不満点を挙げて相原を困らせてしまいますが決まった時間に飲んだらいいということを助言して自分の名刺を差し出していつでも相談してほしいこと話すのでした。

調剤不和に帰ってきた相原は満足げに葵に報告して意気揚々です。

その後、小川に薬が効かないことが判明して七尾の助言によって多剤耐性菌のことを疑われてしまいます。

多剤耐性菌とは抗生剤を使い続けると色々な薬が効かなくなる菌が増殖してしまうものだと言います。

もしこの菌が蔓延してしまうと人類滅亡とまで言われていることが明らかになります。

そこに遠野から相原に電話がかかり薬を飲んでいるのに症状が回復しないことを相談しますが相原はそっけない態度をとってしまい遠野はがっかりしてしまいます。

その後、瀬野の助言でクロストリジウム腸炎を疑うのでした。

しかし、小川は何も薬は飲んでいなかったと言っているのでこの症状は当てはまらないことを瀬野に訴えると瀬野は本当に患者の言葉を信用できるのかと言ってきます。

それが気になってまた改めて葵は小川にコンタクトを取ると薬は飲んでいないということを言われてしまいます。

後日、葵はいつもの中華屋に行って小野塚と小川のことを相談をします。

そこでクロストリジウム腸炎の疑いがあることを語り話し合うのでした。

それから遠野がまた病院にやってきて薬の処方を受けますが、そこで突然倒れてしまい相原は動揺してしまいます。

すぐに先生を呼んで遠野には薬が全く聞いていなかったことが発覚して相原は糾弾されてしまいます。

葵はどうして今まで遠野に薬が全く効いていなかったことを秘密にしていたのかと聞き病気に大きいも小さいもないと注意するのでした。

刈谷はそんな相原の仕事ぶりを心配して葵に相原のフォローを頼みますが納得できない相原はもう少し一人で担当したいということを訴えます。

なんと相原は遠野のインスタを見て薬がなぜ効かなかったのかを探っていたらしいです。

その後、相原はこのことを遠野に話に行きますが拒絶され生理痛の苦しみなんて分かってもらえっこないということを言われてしまいます。

一方、小川が長崎医院という病院で薬を処方していたことが判明して葵が小川に確認に行くとそんなもの飲んでいないと誰かをかばっているような感じに見えてしまいます。

少しして、小川の容態が急変してしまい葵が長崎医院に連絡を取って会いに行くことになります。

そこで小川のことを聞くとやはり抗生剤を幾度となく処方していたことがわかりクロストリジウム腸炎で確定してしまいます。

症状が落ち着いた小川に話を聞くために葵が向かいます。

そこで葵は「長崎先生に処方された薬を知らずに飲んでいたんですね」ということを語ると小川は違いますと否定します。

詳しく聞くと小川は孤独な身の上で一人も話し相手がいなかったことで長崎医院に出会いそこの先生と話しているうちに救われたということを語り出し薬があると気持ちが落ち着くということを知ったと言います。

そして、小川は自分の大切な居場所がなくなっちゃったと悲しげに葵に語るのでした。

調剤部に戻ってきた葵は落ち込んだ様子で苅田と小川について話し合います。

後日、また遠野が病院にやってきて相原が対面します。

そこで薬が効かなかった原因がインスタに写っていたハーブティーだということがわかったと言い生活リズムがはバラバラだということも指摘して遠野に病気ときちんと向き合ってほしいということを訴えるのでした。

ラスト、葵はまた小川に会い薬は薬がいらなくなるために服用するものだということを話しわかってもらおうとします。

結末、今のまま静かな生活を続けていくことは素晴らしいことだということを小川に語るのでした。

 

『アンサング・シンデレラ』6話の簡潔なネタバレ3つ!

・小川がクロストリジウム腸炎であることがわかります

・相原が遠野に薬が効かなかったことを隠して怒られてしまいます

・長崎医院が小川に抗生剤を処方していたことが明らかになります

『アンサング・シンデレラ』6話の感想

本当に看護師が全く出てこなくて本当にどんな病院なんですか。

こんなにも看護師の存在を亡き者にする必要がありますか。

医者も全然出てきませんし一体この病院はどうなっているのでしょうか。

薬剤師を目立たせたいという魂胆があることは百も承知なんですが見ていて違和感が全く拭えません。

もっと看護師たちも普通にいてその人たちのことをサポートしている場面が見たかったのに薬剤師が看護師もどきのことばかりやっているので本当に意味がわかりません。

病院で入院していた時も薬剤師のことを見たことなんてほとんどありませんでしたよ。

なんなんですかこのドラマは今まで見てきましたが今回の話が一番おかしいと思ってしまいました。

そして、なぜか葵が長崎医院に行くときに自転車を使っていましたが命の危険にさらされている患者がいるのになぜタクシーを使わないのか、もしくは電話で聞けば一番早いじゃないですか。

本当に時間の無駄なことをしている感じで見ていてイライラが治りません。

とりあえずもっと看護師を出してくださいよ。話はそれからですね。

薬剤師があんなに患者の病室に行って何かしているシーンなんてぜったいにおかしいですよ。

次回に期待です。

 

『アンサング・シンデレラ』6話の展開予想

次回は薬の効かない患者の話みたいです。

そういう患者は結構いるみたいなのでものすごく興味があります。

どんな感じで展開していくのでしょうか。

なんとなく葵がまた色々な薬を試しましょうと患者を説得して元気付けていくのでしょうね。

今まで葵が失敗したという展開がなかったので次回こそは失敗して瀬野からこっぴどく怒られる場面が見たいです。

自分と同じ行動を取っていた相原に注意していましたが葵は自分のことを棚に上げすぎですね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました