林葉直子さんの余命は一年?その変わり果てた姿にネットの反応がヤバい

激やせした林葉さん 芸能・有名人

元女流棋士として活躍し、重度のアルコール性肝硬変で療養している林葉直子が22日、ブログを更新し、医師から「肝臓移植をしないと1年もたない」と余命宣告されていたことを明かしました。

 

今回は林葉直子さんの余命やなぜこうなったのか、ネットの反応も調査してみました!

 

林葉直子さんのプロフィール

林葉直子(はやしなおこ)

生年月日:1968年1月24日(51歳)

出身地:福岡県岡市

学歴:福岡第一高等学校卒業

引用:Wikipedia

 

過去に余命1年を勧告されていた

林葉直子さんは自身のブログでこのような投稿をしていました。

週刊新潮☄️読んだ将棋ファンのみなさん、おばか直子の発言をお許しくださいませ。でも、ね、将棋指しの特徴かしら。この手じゃなくて、あの手だったら😜と思っただけ。それを口にするところがド阿呆なんだけど。ま、薬💊飲んで塩分控えてるしお酒も飲まずに頑張ってるけど🧟‍♀️かわいそうな直子は太れずにいます。変に太るとお腹に水が溜まってるのかなって思うだろうし。大体もう若くないんだから仕方ないか。顔にお肉の付け方がわかるかた教えてくださいね。肝臓移植しないと1年もたないって言われていた私ですが根性で頑張って4年ほぼ毎日同じ食👍少し食の食べかた変えても舌👅は、塩分が多いとすぐ気がつくから🐥大丈夫だと🙆‍♂️姫路で久しぶりに将棋指しました。指導対局20代の頃は10面ぐらい出来たけど。大腿骨骨折してるので2面を2回。相手のアマチュアの方に教えてもらったりして楽しかった🤗そうそう、痩せ直子は今度、週刊ポストで可愛い💕弟弟子だった先崎学先生に将棋教えてもらいました👌なんと40年ぶりになる。ただただ将棋のことを考えられて、幸せでしたでした🤩先崎学先生、ありがとう😊皆さん寒くなったので、貼るホカロンバックに忍ばせておいてね。ではまた

引用:アメーバブログ

 

上の引用文には「肝臓移植をしないと1年もたない」と書いてあります。

 

おそらく医者から過去に言われていたんだと思います。

 

そして林葉直子さんの病気は肝硬変だったそうです。

 

治療不可能な重度の肝硬変と言われていましたが現在も林葉直子さんは生きていることからおそらく病気を克服しているんだと思います。

 

林葉直子さんのブログの文章では分かりにくいと思いますが「肝臓移植しないと1年もたないって言われていた私ですが根性で頑張って4年ほぼ毎日同じ食事をした」と書いてあります。

 

2006年に体調が悪化。実際に2014年2月21日放送のフジテレビ「ノンストップ!」で重度の肝硬変を患っていたことを告白されています。

 

そんなに長い間苦しんでいたんでしょうか・・・

 

余命を勧告された当時は末期の肝硬変で、体重は38キロ、γ-GTPは1200を超えていたそうです。

 

腹には腹水がたまり飛び出した臍が肌着に触れてとても痛かったそうです。

 

そんな病気になりながらも、ここまで頑張ってきた林葉さんは凄いですね。

林葉さんは何故病気になるまで酒を飲んだ?

林葉さんは過去に借金や不倫騒動があったりして世間を騒がせたことがあるような人で、そんな時に気を紛らわしてくれるのがお酒だったのかもしれませんね。

 

それか余程のお酒に弱い身体だったのかはよく分かりません。

 

自業自得といったら失礼ですが彼女は体調管理をしていなかったのでしょうか。

 

激やせした林葉さん

 

上の画像のように林葉さんはこんなにガリガリになっていしまっていました。

 

ネットの反応

一時期はアイドルのような人気だったのに物凄い転落人生だな・・・

 

あんなにきれいだった人も歳を取るとこうなてしまうのか・・・

 

お酒の怖さがよくわかる。

 

肝硬変になったのにここまで生きているのはすごいですね。

 

橋本環奈の未来かもしれない。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

林葉さんは身をもってお酒の怖さを世間に知らしめることになりましたね。

 

ネットではこれからも元気に長生きして欲しいという声が多かったです。

 

当時のファンが今でも彼女を応援しているんでしょうね。

 

今回はここまでとなります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました