田中マルクス闘莉王が今季限りで引退!ネットでは惜しむ声殺到!

芸能・有名人

J2京都の元日本代表DF田中マルクス闘莉王さんが今季限りで現役を引退することが24日、明らかになりました。

 

今回は闘莉王さんが引退に至った経緯やネットの反応を紹介します!

引退に至った経緯

6月には右眼外傷性黄斑円孔で視力が落ちて手術も行ったり鼻の裂傷などを負ったりと怪我の多かった闘莉王さんですが、元々プロ19年目の今季をラストシーズンと位置づけていたそです。

 

つまり今季限りで引退は決まっていたんですね。

 

ちなみに鼻の裂傷とは現役ラストの一戦は味方との接触で負傷してついた傷です。

 

現役最後の試合で鼻を怪我したのはなんとも苦い結果になってしまったのではないでしょうか。

 

しかしそんな所も闘莉王さんの闘争心丸出しのプレースタイルの現れですね!

 

ネットの反応

闘莉王さんが引退か、今までお疲れ様でした。

 

38で歳だし、引退もう怪我ばっかりするのは嫌だろうし引退は正解ですね。

 

彼に影響を受けたサッカー少年は沢山いるけど僕もその一人でした、お疲れ様です!

 

日本のサッカー界を盛り上げた一人でもあるのでなんか寂しい・・・

 

これからもテレビ出演とかするのかな。

 

寂しいけどお疲れさまでした!

 

闘莉王さんのプロフィール

田中 マルクス闘莉王

生年月日:1981年4月24日(38歳)

国籍:日本、ブラジル

身長:184センチ

体重:87キロ

引用:Wikipedia

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

闘莉王さんは日本のサッカー界を大いに盛り上げた一人ですね!

 

これからの彼の活動にも注目です!

 

今回はここまでとなります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました