星蘭ひとみが専科に異動はなぜ?映像中心とは?理由についても解説!

芸能・有名人

星蘭 ひとみさんが2019年12月23日付で専科へ異動することが決定しました。

 

 

今回は星蘭ひとみさんが異動してからの活動の予測や映像中心とはどういうことなのか、今後の講演まで調査しました!

 

専科へ移動となった理由は?

専科とは?

そもそも専科とは何かわからない方のためにざっくり説明するとコチラ!

宝塚歌劇団には5つの組がありますが、どの組にも属さないスターが集まった「専科(せんか)」と呼ばれるグループがあります。

どのスターも入団してからしばらくは特定の組に配属されますが、円熟してどんな役もこなせるスターになった方は「専科」に異動になることがあります。専科に入るための条件などはありませんが、日舞、ダンス、歌、お芝居、何かに秀でた才能をお持ちの方が多いです。

引用:初心者のための宝塚観劇講座

 

と、こんな感じです。

 

なので、組に所属せずに、色んな組の色んな公演に出演する方々ですね。

 

映像中心の専科とは?

宝塚の公式ウェブサイトには星蘭さんの異動について、このように記載されています。

このたび、下記の通り、組替え(異動)を決定しましたのでお知らせいたします。

星組

星蘭 ひとみ・・・2019年12月23日付で専科へ異動
今後は映像を中心に出演する予定ですので、異動後に最初に出演する公演は未定です。

引用:宝塚公式ウェブサイト

 

「今後は映像を中心に出演する」とありますが、専科で映像中心とはどういうことなのか気になっている方もいらっしゃいました、

 

ここからは推測ですが、過去に外の舞台に専科所属で出た人が居るんです。

 

例えば、香寿たつきさんが外部ミュージカルで主演したし、檀れいさんも、月組トップ娘役のあと一度専科に移ってる間に、海外公演だけでなく外の舞台に出てました。

 

しかし、外の作品に関わると、宝塚の所属組のローテーションとうまく噛み合わないことがあるでしょうから、星蘭さんもそうなるためにその辺で一度専科に籍を移そうと考えている可能性もあります。

 

純名さんが朝ドラに出たときとか、その前にも鮎ゆうきさんとか遥くららさんがテレビドラマに出た頃(みんな雪組娘役)、宝塚も4組体制でだいたい半年区切りで、テレビ終了後の計画が立てやすかったのか「休演」扱いだった場合もあります。

 

今は大劇場のほかに別箱と呼ばれる公演も増えていて休演にすると長期化してしまう可能性があるので、移籍ということにしたのかもしれません。

 

後は檀れいが月組トップ娘役じゃなくなって一時期専科になった事ありましたが、その時は外部の舞台を中心に出演していました。

宝塚は映像に展開しないという縛りを脱ぎ捨て、生徒の才能を活かしていくために可能性を伸ばそうとしているのかもしれませんね。

 

星蘭さんもこの機会を活かして伸びていってほしいですね!

 

ネットの反応

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

星蘭さんのこれからに注目ですね!

 

あの飛びぬけた美貌と実力でもっと上を目指していって欲しいです!

 

今回はここまでとなります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました