マリス・ヤンソンスが死去。死因やネットの反応がヤバかった!?

芸能・有名人

世界的指揮者マリス・ヤンソンスさんが11月30日、サンクトペテルブルクの自宅で死去していたことが分かりました。76歳でした。

 

今回は、マリスさんの死因やネットの反応、これまでの作品なども紹介したいと思います。

 

 

マリス・ヤンソンスさんの死因は?

マリスさんの死因は急性心不全でした。

 

マリスさんは長い間、心臓の病気に侵されていたようで、度々コンサートをキャンセルしてることもあり、実際に来日公演も度々行っていましたが去年の11月には体調不良で降板していました。

 

実際にマリスさんは1996年、オスロでボエームを指揮している間に、致命的な心臓発作に見舞われて倒れています。

 

しかしその時たまたま病院が近くにあり、機敏な医者のおかげでなんとか一命をとりとめたそうですが、近くに病院が無かったらマリスさんは危なかったかもしれません。

 

しかもマリスさんは今年2019年は頻繁に病気になっておりいつなくなってもおかしくない状態だったと言われています。

 

ネットの反応

 

 

 

 

マリスさんの死亡時の年齢は76歳と平均よりは少し低かったので惜しまれる声もありましたが、彼の残した素晴らしい音楽は生き続けますね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

マリスさんは長い間、心臓の病気と闘っており、それでも生き続け素晴らしい音楽を奏でていたので素晴らしいですね。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

今回はここまでとなります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました